読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の歴史・宗教・事件事故

オヤジの戯言です。

アマテラス

天照大神アマテラスオオミカミ

しらない人はいないでしょ。日本神道における最高神です。でも、最初に生まれた神様ではありません。前回紹介したイザナギの禊によって生まれた神様です。

アマテラスというと女性のような印象を持ちますが、実は性別は判然としていません。ただ、伊勢の神宮の本殿の千木や鰹木が女性型を示しており、一般的には女神または女性的要素を強く持った神様とされています。

家の神棚の中央には伊勢の神宮の神宮當麻というお札が置かれ、向かって右側には氏神様のお札、左側には崇敬社のお札を置くのが一般的です。よって、アマテラスは常に中央に位置しているのです。

ではアマテラスとはどんな神様なのでしょうか。名前のごとく太陽神であり、すべての生命をつかさどっている神ですがイザナギからは高天原(天上界)の統治を命ぜられているだけで、葦原中津国(地上界)等の統治は高天原の神々の合議によって天津神(天上界の神)が行うべきときめられたのです。

よって地上界もアマテラスの統治すべき場所となったのですが、実際はアマテラスの孫となるニニギノミコトが降臨して、その子孫が天皇となり地上界を統治することになります。

しかしながらアマテラスが最高神であることにはかわりなく、地上界においても伊勢の神宮においてお祀りされています。